About Oree

OREELASERは、レーザーアプリケーション機器の研究開発、製造、販売を統合するハイテク、「技術で力を振るう、よりよいサービスを提供する。」というビジョンを堅持し、世界中からの優秀な若者のグループによって形成された企業で、統一された作業プロセス、R&D拠点、ロジスティクス、企業のオフィス、生産ラインおよび輸送を国際標準に従って、厳格な品質管理し、顧客の利益を最大化にする原則に従って、技術革新を目標としている企業です。技術で力を振るう、よりよいサービスを提供する。

We have
  • 66000

    工場エリア

  • 6000

    オフィススペース

  • 1000

    優秀な従業員

  • 120

    研究開発専門家

沿革
  • 2009年
    XINDA Aluminum Spacer Bar Co.,Ltd.が設立されました
  • 2010年
    完全自動生産ラインが稼働しました。
  • 2012年
    世界の機械展に初めて参加し、世界に向けた製品の基盤を築きました。
  • 2015年
    Jiyang Street工業団地に定住し、工場用地面積66,000平方メートル
  • 2016年
    Shandong ALOOK Robot Equipment Co., Ltd.が設立され、インテリジェントマニュファクチャリングの新時代が幕を開けました
  • 2017年6月
    Shandong OREELASER Technology Co.,Ltd.が設立され、同社はレーザー切断装置の独自の研究開発の新たな旅を開始しました。
  • 2017年11月
    1台目のシートレーザー切断機が登場しました。
  • 2017年12月
    OREELASERは、OREEブランドの国際マーケティングを促進する最初の海外代理店と正式に契約を締結しました。
  • 2018年2月
    1台目のチューブレーザー切断機の発売に成功しました。
  • 2018年3月
    済南事業所が登録・設立され、ハイテク人材を積極的に紹介しました。
  • 2018年7月
    第21回青島国際工作機械展にOREEレーザー切断機がデビューしました。
  • 2019年3月
    切断機のユーティリティモデル特許の最初のバッチが承認されました。
  • 2019年9月
    山東大学の「生産・大学・研究拠点」が正式に授与され、OREEと大学の技術者との提携が促進されました。
  • 2019年11月
    1台目の10,000ワットのレーザー切断機が正常に納入され、超厚板切断技術の基礎が築かれました。
  • 2019年12月
    年間売上高は1億元を超えました
  • 2020年10月
    自動インテリジェント高速チューブレーザー切断機がJiyang工場の組立ラインからロールオフされました。
  • 2020年11月
    事業規模の継続的な拡大により、済南事業所が奥盛ビル2号館16階への移転しました。
実力見証

当社製品の輸送は、統一されたロジスティクス輸送で、完全な機械真空包装、およびリアルタイムのロジスティクス監視を採用して、顧客の利益を保障します。同社には一流のアフターサービスチームがあり、1V1専用サービスホットラインが活用し、12種類の言語と24時間のオンラインおよびオフラインの技術フォローを提供できます。私たちは常に「品質で生き残り、革新で発展し、お客様からの御要望に最大限にお応えします」というサービスコンセプトを守り、常に顧客満足につとめております。。

当社の機械は、ロシア、米国、韓国、インド、タイ、ポーランド、ベトナム、マレーシアなど、150ヵ国と地域に輸出されています。

Global strategic partners

We have partners all over the world

お問い合わせ

Tel : +86-0531-88983665

WhatsApp: +86 15508681801

Eメール: info@oreelaser.com

本社所在地: NO.19-1, Jiyang Street Industry Park,Jinan, China

Copyright ® 2018 OREE LASER