高出力(10000+ワット以上)レーザー装置操作中の注意事項

by oreelaser

高出力(10000+ワット以上)レーザー装置操作中の注意事項(图1)


高出力10000ワット以上レーザー装置操作中の注意事項


ファイバーレーザーとは、レーザー媒質がファイバーで、用途に応じた種々の波形、パルス時間が選択できます。YAGレーザーなどの固体レーザーと発振原理が大きく異なり、多くの利点があります。産業用レーザーとして注目する点は、高ビーム品質、高効率、小型軽量で、基本モジュールを並列に結合することで容易に高出力化ができます。
  また、ミラーなどの光学部品を使用しないので複雑な調整が不要となり、振動などの外乱に対しても長期にわたって安定した発振が可能です。加工点で非常に高いエネルギー密度を得ることができ、薄板微細溶接や高速溶接、大出力による厚板溶接が可能です。また、溶接だけではなく、表面加工・切断にも適しています

しかし、ファイバーレーザーは諸刃の剣でもあり、それは工業化と近代化を実現するのに役立ちますが、不適切に使用すると、安全上の問題も発生する可能性があります。

 

ファイバーレーザ:波長1064nm目に見えない光であり、より有害です


高出力(10000+ワット以上)レーザー装置操作中の注意事項(图2)


したがって、ファイバーレーザー機器を使用する場合は、正しい操作要件に従い、自己防衛を適切に行う必要があります。レーザー機器を操作するときは、保護メガネを着用する必要があります。



レーザー保護メガネ選択ガイド


1.レーザー特性:

レーザーの出力波長と出力密度に応じて合理的に選択してください。

2.光学密度(OD):

OD値が大きいほど、レーザー保護メガネの保護能力が高くなります。

3.可視光透過率(VLT):

VLT値は20%未満であり、レーザー保護メガネは良好な照明環境で使用する必要があります。

4.レンズ素材は無毒、無臭、無刺激であるかどうか

5.保護ゴーグルは、サイドレーザーを損傷から保護できる必要があり、反射レーザーによる損傷を他の人に引き起こしてはなりません。

高出力(10000+ワット以上)レーザー装置操作中の注意事項(图3)


 

ファイバーレーザー機械の安全標識

レーザーを使用する前に、すべての接続と電気配線が正しく接続されていること、機器のすべてのハウジングが覆われていること、すべてのネジが締められていることを確認して、レーザーの漏れを防ぎながら電気の安全を確保してください。


高出力(10000+ワット以上)レーザー装置操作中の注意事項(图4)


訓練を受けていない人がレーザー機器を使用することは禁止されています。AC主電源をオンにする前に、感電の可能性を減らし、湿気や環境の漏れによる人身傷害を防ぐために、主電源が適切に接続されていることを確認してください。動作シーケンスに厳密に従ったレーザー装置。

 

 

 

 


お問い合わせ

Tel : +86-0531-88983665

WhatsApp: +86 15508681801

Eメール: info@oreelaser.com

本社所在地: NO.19-1, Jiyang Street Industry Park,Jinan, China

Copyright ® 2018 OREE LASER