レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介

by oreelaser


同軸テストは、主に、レーザーヘッドのノズル出口穴とレーザービームの間の同軸性、つまり、ノズル出口とレーザービームが同じ直線上にあるかどうかをテストすることです。理論的には、断面で見ると、ノズル出口とレーザービームは同心円を形成するはずです。

 

ノズル出口穴とレーザービーム間の同軸性は、切削品質に影響を与える重要な要素の1つです。ノズルとレーザーが同じ軸上にない場合、全体的な切断効果に一貫性がない可能性があります。最悪の場合、レーザービームがノズルで反射され、ノズルが過熱したり、燃焼したりする可能性があります。

 

それでは、下記に同軸度テスト方法を紹介して、デバイスが同軸度テストに合格したかどうかを確認しましょう。

 

必要なツール:

 

1. セロテープ

2. 1.5mmノズル

3. 六角レンチ

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图1) 

 

手順

 

ステップ1:オペレーティングソフトウェアでレーザーヘッドの焦点をゼロに戻し、レーザーバーストパワーを10%に変更します。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图2)

ステップ2:ノズルを1.5mm口径に交換します。ノズルが単層または二重層である場合、テスト結果に影響はありません。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图3)

ステップ3セロテープを1枚取り、ノズルの平面に貼り付けます。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图4)

ステップ4:レーザーバーストボタンをクリックして、すぐに放します。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图5)

ステップ5:テープをはがし、テープマークを確認します(テープを取り外すときに方向を回転させないように注意してください)。テープマークを確認します。マークに開口サイズの円があります。ノズル円の中心。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图6)

ステップ6:光点がノズル円の中心にない場合は、光点が円の中心に移動するまで六角レンチで左右のネジを回して、光点の位置を調整する必要があります(このプロセスでは、テストと調整を繰り返す必要があります)。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图7)

ステップ7:光点と円の相対位置に応じて次の調整を行います。

       レーザーヘッド同軸テスト方法の紹介(图8) 

[1]光点が円の左上隅にある場合は、右側のネジを回転させて緩める必要があります(反時計回り)。

[2]光点が円の右上隅にある場合は、左のネジを回して緩める必要があります(反時計回り)。

[3]光点が円の真上にある場合は、左のネジを回して緩め(反時計回りに回転)、右のネジを回して緩める(反時計回りに回転)必要があります。

[4]光点が円の右側にある場合は、左のネジを回して締め(時計回りに回転)、右のネジを回して緩める(反時計回りに回転)必要があります。

[5]光点が円の右側にある場合は、左のネジを回して緩め(反時計回りに回転)、右のネジを回して締める(時計回りに回転)必要があります。

[6]光点が円の真下にある場合は、左のネジを回して締め(時計回りに回転)、右のネジを回して締める(時計回りに回転)必要があります。

[7]光点が円の左下隅にある場合は、左のネジを回して締める必要があります(時計回り)。

[8]光点が円の右下隅にある場合は、右のネジを回して締める必要があります(時計回り)。

 

 

ステップ8:テストと調整を繰り返すことにより、光点が円の中心に移動するまで同軸度調整操作が完了します。


お問い合わせ

Tel : +86-0531-88983665

WhatsApp: +86 15508681801

Eメール: info@oreelaser.com

本社所在地: NO.19-1, Jiyang Street Industry Park,Jinan, China

Copyright ® 2018 OREE LASER