何故炭素鋼のつや断面切断には限界パワーがあるのですか?

by oreelaser

何故炭素鋼のつや断面切断には限界パワーがあるのですか?(图1)

 

 

炭素鋼のつや面をカットする場合、板厚が一定であれば限界パワーがあります

 

レーザー加工機で炭素鋼を切断するプロセスの分析

何故炭素鋼のつや断面切断には限界パワーがあるのですか?(图2)

▲酸素ガス流の直径がシート表面のライトスポットの直径よりも小さい場合、明るい表面を切断することができます

 

1レーザーの3つの機能


①切断開始前の予熱

切断する前に、鋼板の温度を発火温度(> 1000℃)以上に加熱し、高温で酸素と反応できるようにします

②切断工程での予熱

スリットの前の特定の領域の鋼板を発火温度より高く加熱して、切断気流が通過するときに表面が迅速に酸化できるようにします

③カッティングシームでの熱補償機能

カッティングシームでは、熱伝導、輻射ドロス除去などによる熱損失を補正して、カッティングエリアの温度を確保します


2酸素の機能

切削作用-酸素と高温鉄は激しい酸化発熱反応を起こし、金属を溶かし、同時にドロスを吹き飛ばします


つや断面切断条件:

①小さなノズル、小さな気流径での切断

②プレート表面の光点径を十分に大きくするために、カット時に大きなデフォーカス量が必要になります

③プレートが厚いほど、ライトスポット径が大きくなり、デフォーカスが大きくなります

④シートの表面に照射された光点が、非常に短時間でシートの温度を発火温度(> 1000°C)以上に加熱できることを確認してください。過度の電力は入熱を増加させ、プレートを過熱させ、切断効果に悪影響を及ぼします。



中板や薄板を切断する場合、10,000ワットの電力では十分な利点が得られないことがわかります。解決策は、ステンレス鋼のように炭素鋼を切断できるエアカッティングを使用し、10,000ワットのレーザーのエネルギーを最大限に活用して炭素鋼の高速切断を実現することです

 


お問い合わせ

Tel : +86-0531-88983665

WhatsApp: +86 15508681801

Eメール: info@oreelaser.com

本社所在地: NO.19-1, Jiyang Street Industry Park,Jinan, China

Copyright ® 2018 OREE LASER